動画による穴あけ加工例

レーザー穴あけ加工に関する5つのYouTubeを、それぞれに簡単な説明とともに以下に示します。
 

穴あけ加工はダイヤモンドを含む多くの材料へ適用できます
 

1) Laser Drilling on History Channel


 
このビデオは、ヒストリーチャンネル(History Channel)によって提供されています。このビデオでは、アルゴンヌ国立研究所の支援を受けて行われる、岩石のレーザー穴あけプロセスについて説明します。 彼らは、熱破砕法、岩石での軍用レーザーの使用、そしてこれらすべてを使用して、火星に住むための持続可能で居住可能な地下基地を構築する方法を検討しています。
 

2) Femtosecond laser drilling a 0.006 mm hole in the glass plate


 
レーザー穴あけの最大の利点の1つは、多数の異なる材料へのプロセスが可能であることです。金属など、耐久性のある材料で作業するのは簡単ですが、ガラスやプラスチックなどの壊れやすい材料への穴あけは従来の穴あけ加工では非常に困難です。また、セットアップは複数の機械を必要とせずに、1台で完結します。このビデオは、ガラスへのレーザー穴あけがフェムト秒でどのように見えるかを示しています。
 

穴あけ加工は医療分野にも応用されています
 

3) Laser Drilling part Deux


 
レーザー穴あけが一般的に使用される金属以外の材料はダイヤモンドです。これは、ダイヤモンドのグレードを下げる擦り傷や跡を取り除き、ダイヤモンドの品質を高めるために行われます。ダイヤモンドにレーザー穴あけ加工を使用すると、通常、そのグレード評価が1ポイント上がる可能性があります。このYouTubeビデオでは、プロセスの前後の効果を示しています。
 

4) Laser Drilling of Aerospace components


 
レーザー穴あけは、自動車、エレクトロニクス、半導体、医療など、さまざまな業界で広く使用が可能です。 このビデオでは、航空宇宙産業のコンポーネントを使用したレーザー穴あけを見ることができます。ビデオのレーザー穴あけは微視的なレベルで機能しますが、このビデオでは、人間の目で処理できるレーザー穴あけのデモンストレーションを行います。 また、航空宇宙や自動車などの業界で一部の部品に必要な穴の数も示しています。レーザ穴あけは、短時間で必要な数の正確な穴を作成できる唯一のプロセスの1つとして浮上しています。
 

5) NCAB Group Production process step 7: The laser drilling process


 
上のビデオは、世界最大のプリント回路基板(PCB)の生産者であるNCABグループからのもので、レーザー穴あけ機の使用方法を示しています。 使用される部品やコンポーネントは非常に小さく複雑であるため、PCBは通常レーザー穴あけを使用しています。
 

関連製品:

マーキング・エングレービング向け製品
 
お問い合わせ