レーザー穴あけの歴史

レーザー穴あけの歴史

レーザー穴あけは、今日使用されている最も確立された効率的な製造プロセスの1つになり、自動車、航空宇宙、医療、半導体、エレクトロニクス業界など幅広い分野で使用されています。 製造プロセスで広く確立および定着しているため、レーザー穴あけが始まった分野を考えるのは簡単です。そのため、レーザ穴あけのコンテキストを少し説明するために、その歴史について以下で詳しく説明します。


レーザー穴あけはダイヤモンドを含む多くの材料への適用が可能です

レーザー切断とレーザー穴あけ

レーザー穴あけは、材料の表面を層ごとに溶かすプロセスを含むため、レーザーアブレーションの一形態でもあります。レーザー穴あけは、レーザー切断と同様の方法で切断を行うため、2つが間違われることもあります。レーザー穴あけは本質的にレーザー切断プロセスから生まれました。1965年、Western Electric Engineering Research Centreによって製造されたレーザー切断機が、ダイヤモンドのレーザー穴あけに使用されました。 このプロセスは、レーザーが最初に発明されてから約10年後に行われ、ダイヤモンドへのレーザー穴あけが達成された後、ラボにますます流れ込み始めました。

レーザードリリングの歴史– 1960年代以降のレーザー穴あけの発展

レーザー穴あけがダイヤモンドに効果的であることは示されましたが、プロセスに関与した人々がレーザー穴あけがどれほど重要であるかを認識していませんでした。レーザー切断の派生物に過ぎないため、金属やプラスチックなどの材料を扱うのに最適な、効率的で効果的なプロセスに発展しました。 多くの歴史と同様に、特定のイベントが起こるためにはそのために調整する必要があります。たとえば、携帯電話に関連する複数のテクノロジーについて考えてみてください。スマートフォンになるには、イノベーションが十分に広まり、複数のスマートピースが生まれる必要があります。電話が数十年前になかった理由は、単に適切な技術がなかったためです。これはレーザー穴あけにも当てはまります。第一に、従来の方法よりもはるかに正確な深さと直径で穴あけ加工できるプロセスなど、革新と開発がレーザー穴あけプロセスにつながりました。第二に、レーザー穴あけを中心に世界の産業が変化しました。部品が小さくなり、複雑になり、製造プロセスをより効率的にする必要がありました。レーザー穴あけでは傷がつかないため、これらの産業において重要な必要性が生まれました。 それ自体が確立されたレーザーソリューションとなったため、長年にわたって独自の革新と開発を行ってきました。現在、レーザー穴あけプロセスには、シングルショットまたはパーカッションレーザー穴あけ、トレパンレーザー穴あけ、ヘリカルレーザー穴あけなど、複数の形式があります。

レーザー穴あけが不可欠な理由

レーザー穴あけが重宝されているのは製造工場だけなく、他の分野においても唯一のソリューションになっています。レーザー穴あけは、従来のドリルでは簡単には実現できなかった0.0005インチの微細な穴を作成することができます。救命工具を必要とする医療分野や、安全で信頼性の高い機械を作らなければならない航空宇宙産業などの産業を扱う場合、最も効果的な方法を導入することが重要です。


レーザー穴あけは現在、重要産業であり、医療機器などに使用されています

レーザー穴あけの将来的ニーズ

レーザー穴あけを取り巻く豊かな歴史があるだけでなく、将来の確固たる一部となることも期待されています。私たちが毎日安全に使用する多くの製品の作成と製造にはすでに非常に役立っています。現在、火星に持続可能で居住可能な地下基地を作成するためのプロセスとして、レーザー穴あけが検討されています。 数十年後にこの記事を再訪し、レーザー穴あけが私たちの歴史に貢献したことを見るのは興味深いでしょう。火星から次の記事を書くかもしれません!

関連製品:

マーキング・エングレービング向け製品
 
お問い合わせ