超合金の遮熱コーティング(TBC)除去


メーカー:Trumpf

遮熱コーティング(TBC)は、航空工学やガスタービン製造において、部品の寿命を延ばすために使用されています。また、自動車業界では、エンジンの排気システムからの熱損失を減らすためにTBCが使用されることが多くなっています。TBCは、金属基材、ボンド、コート、熱成長酸化物、セラミックトップコートの複数の層で構成されており、長時間にわたる高熱から素材を保護し、部品の酸化を抑制します。
TBC除去は、バーニングや表面の粗さを避け、表面品質を維持しながら厚い層を除去する必要があります。TrumpfのTru Pulse (旧redENERGY) 70W EP-Zシリーズは、短いプロセス時間、プロセス後の高品質な金属表面の質感、非常に小さい熱影響部など、最高のTBC除去の結果をご提供します。また、ガスアシストを必要としないため、大幅なコスト削減が可能です。
厚さ8mmのTBCを高品質な表面処理で除去する場合、2x2mmの正方形で63秒、10x10mmの正方形で19分かかります。100W EP-Zシリーズでは、波形設定WF=30で使用してプロセス時間を短縮することができますが、熱影響が大きくなります。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 70W EP-Z
出力パワー 70 W
M2 <1.6
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ >8mm/163mm FL-theta
出力エネルギー WF35 100kHz @ 2000mm/s

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) Z type
 
お問い合わせ