ステンレス鋼の深彫り加工

メーカー:Trumpf

Tru Pulse (旧redENERGY) シリーズは、ロングパルスの発振が可能なためステンレス鋼への高品質のレーザー彫刻に適しています。 実験により、わずか4mm3 / minの200ns短パルスと比較して、5mm3 / minの450nsロングパルスを使用することで材料除去率を大幅に向上されることが示されており、最大で25%の除去率の増加が達成されています。

高品質の仕上げを実現するために、波形を使用して彫刻プロセスの制御を維持します。彫刻された領域の周囲の隆起を避けるために、最初は低パルスが使用されます。

次に、より高い材料除去率をもつ高エネルギーロングパルスに切り替えが可能です。このプロセス全体を通して、短パルス波形を定期的に使用し、刻印された領域をクリーニングします。これは、ドロスや破片の除去に役立ちます。

彫刻プロセスが終了した後、表面の堆積物を除去するため、短パルスで周囲の領域がレーザー洗浄されます。 材料の除去率と彫刻の品質の間にはトレードオフがあることに注意してください。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 20W EP-Z
出力パワー 20 W
M2 <1.6
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ 10mm/160mm F-theta
出力エネルギー WF39 1mJ & WF25 0.16mJ @ 125kHz

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) Z type

お問い合わせ