アルミニウムへの非円形穴あけ

メーカー:Trumpf

 

レーザー穴あけ加工は、航空宇宙、自動車、エレクトロニクス、医療など様々な業界で広く使用されています。ファイバーレーザーによる穴あけは、さまざまな金属(アルミニウム、銅、真ちゅうなど)、セラミック、その他の工業材料を含む幅広い材料で使用できます。

当社のTru Pulse (旧redENERGY) 20W EP-Zは、薄いアルミホイルシートに、直径40µmの小さな穴を作成します。パーカッションやトレパニングなど、ファイバーレーザーでの穴開け加工にはいくつかの異なる手法があり、それぞれで異なるサイズの穴を作成します。

Tru Pulse (旧redENERGY) の柔軟性により、品質を低下させることなく、正方形、楕円形、さらにはハートや星の形状など、より複雑な形状の作成が可能です。 最高品質の穴を生成し、プロセス時間を短縮するため、マルチ波形プロセス技術を使用して、穴あけ加工の各段階でパルス幅を最適化します。

速度を重要視する場合は、Tru Pulse (旧redENERGY) 50W EP-Zファイバーレーザーを使用して、同様に高品質の穴を短時間で生成することができます。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 20W EP-Z
出力パワー 20 W
M2 <1.6
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ F75 / 163mm BEC
出力エネルギー WF32-37 / 20kHz @ 400mm/s

 

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) Z type

お問い合わせ