1mm厚 真鍮板の切断

メーカー:Trumpf

 

この真鍮の厚さは、シートの厚さをアブレーションすることで切断を実行するマルチパス方式を使用して切断できます。シングルモードレーザーでは、スポット径が小さく(約32µm)、高い材料除去率が可能ですが、切り口(カット幅)が狭くなります。

切断工程でビームを揺らすことで切り口を広げ、厚さ1mmのシート材切断を実現します。最初は広いウォブル直径(通常60µm)が使用され、プロセスの途中で直径40µm、最後に20µmに変更されます。常に600Hzのウォブル周波数が使用されます。全体の切削速度は60〜80mm / minです。

スキャナー入口で直径8.1mm(1 / e2)のビームを生成する75mm BECのワークステーションを使用し、10mmアパーチャスキャナーの使用を可能にしました。スキャナーには、100x100mmのフィールドサイズを与える160mmの焦点距離の対物レンズが取り付けられています。当社のTru Pulse (旧redENERGY) Sタイプを材料の切断に使用することも可能です。切削速度は出力に大きく依存します。

 

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 70W RM-Z
出力パワー 70 W
M2 <1.3
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ 10mm/160mm F – theta
出力エネルギー WF0 @70kHz

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) Z type

お問い合わせ