セラミックの切断

メーカー:Trumpf

窒化アルミニウム(AlN)は、多くの有用な機械的特性を備えた、商業向けの製品です。これらの特性には、エンジニアリングセラミックの中で最も高い熱伝導率の1つと、アルミナのほぼ半分の熱膨張係数が含まれます。 AlNセラミックは、それらの特性により、エレクトロニクス業界で広く使用されており、特にヒートシンクとしてよく使用されます。 AINは硬くて脆いため、従来の機械加工方法では処理が難しいとされていました。

Tru Pulse (旧redENERGY) シリーズは、ロングパルスと低いスキャン速度を使用して高品質のエッジ仕上げを実現します。このアプリケーションでは、熱伝導特性により、材料が溶融または気化せずに大量のエネルギーを吸収出来ません。高出力レーザーの仕様により、エッジ品質を損なうことなくプロセス時間の短縮が可能です。ファイバーレーザーを使用すると、材料を焼成する前に、AlNセラミックを緑色の状態に切断することもできます。

このプロセスは非常に高品質の切断を生成します。品質をより向上させるために後処理を推奨しています。セラミックの穴あけと彫刻も同様に高品質で効果的な処理で可能です。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 50W EP-Z
出力パワー 50 W
M2 <1.6
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ >8mm/163mm F-Theta
出力エネルギー WF0 50kHz @ 400mm/s

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) Z type

お問い合わせ