炭素繊維複合材料のマイクロマシニング

メーカー:Trumpf

 

炭素繊維複合材料は、当初では航空宇宙産業用途で主に使用されていましたが、その用途はスポーツ用品や消費財にまで拡大しました。 高強度炭素繊維を樹脂に埋め込んで製造された材料は、炭素繊維とマトリックス樹脂の材料特性が大きく異なるため、切断や加工が困難になります。

熱処理は炭化のために問題になる可能性を含んでいます。当社のTru Pulse (旧redENERGY) パルスファイバーレーザーの高いピークパワーと短パルスによりマトリックスを過度にバーニングさせることなく炭素を気化させます。 材料に穴を開けたり、特定部分への加工を実現させるための技術とプロセスパラメータが開発されました。

アプリケーションにより、その後のプロセスが必要になる場合があります。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 20W HS-L
出力パワー 20 W
M2 1.8
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ 10mm aperture / 163mm F-theta
出力エネルギー WF0 0.8mJ @25kHz

 

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) L type

お問い合わせ