リチウムイオン電池用箔の切断

メーカー:Trumpf

 

リチウムイオン電池は、電話、パソコン、電気自動車など、あらゆる場所で使用されています。自動車業界では、今後数年間で電池の需要が大幅に増加します。これにより、製造プロセスが需要に適応する必要があります。リチウムイオン電池は、セルに密に詰められた電極コーティングされた箔で構成されています。これらの箔は、カソードおよびアノードとして機能するアルミニウムと銅で作られています。

金属箔は、陰極のリチウムベースの酸化物でコーティングされています。箔は通常0.008〜0.015 mmですが、コーティングを使用すると、材料の総厚さは0.2mmを超える可能性があります。従来の方法では、箔への損傷、切断品質の低下、鈍くなるなどの可能性を含むメカニカルカッターを使用していました。刃を交換する為に、プロセス全体が停止します。TrumpfのTru Pulse (旧redENERGY) シリーズは、ランニングコストを最小限に抑え、一貫した切断結果により、実質的にメンテナンスフリーです。

ガルバノメータースキャナーとペアリングすると、他の材料に損傷を与えず、必要に応じて型式にはまらない形状の切断が可能な非接触システムが作成されます。

リチウムイオン電池用箔を切断する際は、バリが短絡を引き起こし、セルを損傷する可能性があります。長いパルス幅とマルチパスのプロセスを使用します。このシステムは、従来よりも速い処理時間および最小限のバリで高品質の結果を達成できます。 平均切断速度は、正確な箔材料の構成に応じて、1 m / supから2.5m / sの間です。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 200W EP-Z
出力パワー 200 W
M2 <1.6
ビーム径 10 mm
スキャナー/レンズ 254 mm
出力エネルギー WF36 1.2mJ

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) Z type

お問い合わせ