アニーリング・マーキング(焼きなましマーキング)

メーカー:Trumpf

 

ステンレス鋼へのマーキングは、レーザー光でワークピースを加熱し、表面に酸化物を形成します。これにより、ワークピースの表面の色が変化します。

一般的に、マーキングの色は黒ですが、材料への温度に応じて、赤、緑、黄色などの他の色を実現できます。マーキングプロセスでは、材料表面が溶融しないため、酸化層の固体成長によってマーキングが達成されます。

課題は、簡単に読み取れる永続的なマークを作成することです。Tru Pulse (旧redENERGY) シリーズにより、ステンレス鋼でテストを行いました。11秒のプロセス時間でほとんどの視野角から読み取れる高品質のブラックマーキングを実現し、高さ10mmの26文字を生成しました。 HS-Hタイプのレーザーは、主に大面積の高速処理が必要な用途に最適です。

これは、M²値が高いほどエネルギー分布が広くなり、ホットスポットがないためです。他のタイプの鋼や鋳鉄へのマーキングも可能ですが、結果はグレードに大きく依存します。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 70W HS-H
出力パワー 70 W
M2 2.5-3.5
ビーム径 >7 mm
スキャナー/レンズ 15mm/254mm FL
出力エネルギー WF1 86kHz @ 80mm/s

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) H type

お問い合わせ