アルミホイルの切断

メーカー:Trumpf

これは、0.015mmの薄い金属箔のスリット加工の例です。
実験では、WF0がクリーンで高速なカットを実現することが示されましたが、最速の速度はPRF0ではなく100kHzで得られました。 この切断プロセスは単一パルスを使用します。任意の周波数での最大切断速度は、パルス間のスポット分離を回避するために、スポット直径とパルス繰り返し周波数の組み合わせによって決定されます。

さらに、パルスエネルギーは、単一パルスのみを使用してシートの厚さ全体を切断するのに十分であることが必要です。これらのパラメータに最適な組み合わせは100kHzで、2.5m / sの最大切削速度が可能になりました。パルス繰り返し周波数を上げると、パルスエネルギーが低下するため、カットの品質が断続的になります。 ワークステーションは75mmBECを使用し、スキャナー入口で直径8.1mm(1 / e2)のビームを生成しました。

これにより、10mmアパーチャスキャナーを使用できます。焦点距離163mmのスキャナー対物レンズが使用され、100 x 100mmのフィールド径が得られました。これは、多くのアプリケーション、特にパッケージング業界に最適です。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 50W HS-H
出力パワー 50 W
M2 <1.3
ビーム径 8 mm
スキャナー/レンズ 10mm aperture / 163mm F-theta
出力エネルギー WF0 0.5mJ @ 100kHz

 

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) H type

 
お問い合わせ