ワイヤー絶縁層のストリッピング

メーカー:Trumpf

 

ワイヤーストリッパーは、電線を取り巻く絶縁材料層の除去を含む、エレクトロニクス業界では一般的な技術です。これは、ワイヤーの交換、修理、あるいは他のワイヤーや端子に再接続するための技術です。 従来は、ワイヤー自体に損傷を与えることが多いメカニカルワイヤーストリッピングと、絶縁層の完全除去の達成が難しいCO2レーザーが使用されており、これらは導体の吸収不足により残留物が残ります。

当社のTru Pulse (旧redENERGY) の短波長の動作により、処理できるワイヤーの太さに制限なく、化学薬品の使用、配線への損傷なしで絶縁材料層を100%の除去が可能です(メカニカルストリッパを使用することができます)。これは効率を高めることができます。

このプロセスでは、レーザーにより絶縁材料と導線の間で高温プラズマが生成され、絶縁体が裏返しに蒸発します。後処理なしで完全な接触機能を保証します。 わずか5.2秒で10mm x 10mmの正方形を処理します。0.8秒の追加が可能で、クリーニングパス、溶接、はんだ付けを最高品質に仕上げます。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 70W HS-H
出力パワー 70 W
M2 3-5
ビーム径 10 mm
スキャナー/レンズ 163mm/254mm

関連製品:

パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) H type

お問い合わせ