セラミック-アルミナの穴あけ

メーカー:Trumpf

当社のTru Pulse (旧redENERGY) パルスレーザーは、0.38mmのアルミナに毎秒5つの穴を開けることが可能です。
上の写真は、直径75〜80µのアウトプット側を示しています。インプット側の直径は100µ未満です。 これらの穴は、穴の直径と品質を制御するためにビームウォブリング技術を使用して作成されています。

当社のTru Pulse (旧redENERGY) シングルモードSタイプは、15〜20µ範囲のスポットサイズでタスクを実行できるため、このような穴あけに最適なツールです。高いビーム品質によりプロセスに優れた被写界深度を取得し、より大きなマーキングフィールド、またはより小さなスキャンヘッドの使用で加工を完了することができます。

半径0.08mmの円形パスに半径40µで1000Hzのウォブルを適用し、200ms未満で40回繰り返しました。30W Sタイプレーザーは、45kHzで0.65mJを実現します。 穴を0.5mmオフセットし、次に示す0.25 mm間隔で穴を埋めるために戻ることにより、過度の加熱を減らしました。

20µの出力で、材料により速く小さな穴を作成できます。

アプリケーションパラメータ

タイプ Tru Pulse (旧redENERGY) 30W HS-S
出力パワー 30 W
M2 1.2
ビーム径 11 mm
スキャナー/レンズ 14mm/100mm F-theta
出力エネルギー WF0 0.65mJ @ 45kHz

 

関連製品:

シングルモード・パルスファイバレーザー Tru Pulse (旧redENERGY) S type

お問い合わせ